おまとめ 一本化
[PR] 最強債務整理教本

トップページ関連ニュース・コラム消費者金融大手が審査を厳しくする方向へ

関連ニュース・コラム

消費者金融大手が審査を厳しくする方向へ


消費者金融業界の貸出残高が減少してきており、武富士・アイフル・アコム・プロミス・三洋信販の消費者金融大手5社も、2008年3月期の貸出残高が2007年3月期より7,000億円ほど減少する見通しです。

これは、上限金利を引き下げた改正貸金業法の成立に対応して、個人向け無担保ローンの審査を厳しくしているためです。各社とも貸し倒れリスクがより小さい借主に絞って融資を行うようになってきており、信用度が低い個人は一段と融資を受けにくい状況になります。

消費者金融大手5社の融資残高については、2007年3月期で前年比7%減、2008年3月期はさらに10%減少する見込み。減少幅が最も大きい見通しなのはアイフルで、金額ベースで3,000億円超の15.4%減。アイフルによると、「新規顧客への融資を絞るとともに、既存客に対しても融資枠の減額を進めている。」とのこと。

なお、アイフル・武富士・プロミスでは、個人向けローンで過去に利息制限法の上限金利を超えて取りすぎた利息の返還請求が急増し、2007年3月期には各社とも3,000億円超の最終赤字に転落しています。