一本化 ローン
[PR] 借金癖・依存症解決プログラム

おまとめローンの基礎知識

ローンをまとめて負担軽減


おまとめローン・一本化ローンとは、複数の金融機関・金融会社から借り入れをしているローン(借金)の一本化や借入件数を減らすのに適したローンのことをいいます。

低金利のおまとめローンで借入中のローンをまとめて一本化できれば、まず利息負担の軽減に伴い、返済総額や月々の返済額を抑えることができます。例えば、月々15万円の返済額を5万円にすることができれば、日々の暮らし向きや精神的余裕もかなり変わり得ます。

また、返済件数が減ることに伴い、毎月複数社へ返済するという手間も軽減することができ、返済管理も楽になるうえに、借入残高を把握しやすいため返済プランが立てやすくなります。

なお、融資限度額が100万円〜200万円位のキャッシングローンなどを借り換えおまとめローンとして利用し、借入件数を減らすことができれば、その時は一本化のおまとめはできなかったとしても、次に別のおまとめ一本化ローンを申し込んだ時に、一本化おまとめができる可能性が高くなります。

ローン一本化の申し込みで注意したい点


キャッシング会社にローンの一本化を申し込む際、注意したほうがよい事柄がいくつかあります。借り入れを申し込み、審査に通るためには、相手との信頼関係を大事にしたほうがよいです。

一本化するとなると金額もそれなりの額になるため、キャッシング会社は審査を厳しくして、返済能力があるかどうかを見極めようとします。そのため、ローン一本化で注意したいことは、申し込み時の情報は正確を期す必要があるということです。氏名や住所もそうですが、その他の内容も正しい内容を記入しましょう。

キャッシング会社は、借り入れの申し込みがあるとすぐに信用調査会社に照会するので、正しくない内容を記入しても分かってしまいます。別のキャッシングの申し込みで記入した情報と違うものを記入した場合、キャッシング会社から怪しまれることになりかねないので注意が必要です。

現在の借り入れ金額や他社借入件数も正確に申告した上で、ローンを一本化したいことや、返済する意志が強いことをアピールしましょう。キャッシングの審査が問題なく済んだ時に一言お礼を述べるだけのことでも、金融会社の印象がよくなったりします。

インターネットを利用して、ローンを一本化するためにキャッシング申し込みをする時には、内容に間違いがないかを再確認しましょう。送信する情報に誤りがあったままにしておくと、金融会社から不審に思われてしまうばかりか、今後の利用の妨げになりかねません。

収入証明書類などを求められた場合、月収の証明となるものとして給与明細書などを提出するわけですが、キャッシング会社から特に何もいわれなければ、直近で最も月収がよかった月のものを提出するとよいでしょう。

ローンの一本化と借入件数


ローンを一本化するにあたり、7つも8つもある借り入れ件数を一気にひとつにまとめてしまえる可能性はかなり低いです。ですが、それでもローンを一本化すること自体を諦めるべきではありません。

まず、とにかく借り入れ先を少しでも減らすことが重要で、できるだけ少なくまとめて3件ぐらいにできないか検討してみましょう。

ローン一本化の最終目標は、より条件のよい低金利ローンに借入金を一本化することです。小口で何件もの借り入れをしているような状況なら、キャッシングの残額が少ない順に一つでも多くまとめたいものです。

キャッシングの限度額を上げてもらえるようなら、その分で他のローンが返済できないかを考えてみてましょう。返済を完全に終わらせた会社は解約手続きをして、借り入れ件数自体を減らすことが大切です。

返済実績を積み上げておき、さらに借入件数を減らすと、ローンの一本化を申し込む金融会社から優良顧客として認識される可能性が高くなります。

少しでも低金利で、高い限度額で貸してもらえるようにすることがローン一本化の目的です。ローンの一本化のために利用できる選択肢を広げるためには、借り入れをしている件数をなるべく少なく抑えておくことが肝要です。

金融会社のうち、できるだけ金利が低いところを利用し、ローンをそこに一本化することで、借金の効率的な返済を行いましょう。